ふぁっきんえくすとりーむでいず

掟1,書きたいことを書く。掟2,1年は続ける。以上

怪談をすると本当に霊が寄ってくるのか2

友達のyoutuberからきいた話。

 

3年くらい前からyoutuberとなった友達のAは、

夏にはyoutuberグループで心霊スポットでの撮影をよくしていた。

この話はAたちのグループが、関東近郊の心霊スポットとして有名なとあるダムに行った時の話。

 

昔、そのダムに誤って落ちてしまった若い女性がいたとのこと。

ダムをイメージしていただくとわかると思うのですが、ダムの壁は基本捕まるところのないのっぺりとした壁になっていると思います。

落ちてしまった女性はその壁を這い上がろうと爪を立てて登ろうをしますが、

力尽きて溺死してしまったという話があり、そのダムに行くとその若い女性の霊が出るという噂がささやかれておりました。

 

そんな噂のあるダムで撮影をすることとなったAたち。

 カメラ担当のBは幽霊の類を全く信じておらず、撮影の最初から「呪えるもんなら呪ってみろよ」とか「いるなら顔出せよ」などとかなりの暴言を吐いておりましたが、

順調に撮影が進んでおりました。

夜中の2時ぐらいになった時に少し休憩をすることにしました。

とは言っても山の中で近くにコンビニの1つもないようなところなので、

1度ふもとのコンビニまで戻り休憩することにしたのですが、

Bがコンビニまでの道中に「体が痛い」「息苦しい」などと体調不良を訴え始めました。

Bは虚言壁があり、体調が悪いというような発言をよく言っていたので、

他のメンバーは「呪われてよかったじゃん」などと言って、あまり大ごととして受け止めていなかったようです。

 

しかし、みるみる顔色が悪くなるBの状況に急遽撮影を中止し

近くの救急病院に連れていったのだが、そのままBは亡くなってしまいました。

 

死因は溺死で体にはひっかき傷がいくつもあったようです。

 

グループメンバーが亡くなってしまったこともあり、この映像はお蔵入りとなり、

グループも解散となったのですが、この映像を改めて見返すと、動画の最初から

必ずBの発言の後に「へへへ」と女性の笑い声がしていることに気が付きました。

メンバーに女性はいなかったので、聞こえるはずのない声でした。

Bの死因や不自然な体の傷、そしてBの発言を笑う謎の声。

もしかしたら、Bは本当に呪われてしまったのかもしれませんね。

 

以上。