ふぁっきんえくすとりーむでいず

掟1,書きたいことを書く。掟2,1年は続ける。以上

蛇の道は蛇

どうもあおです。

 

今日会社の車の中に財布を忘れてしまい、

家に何も食べるものがないので、空腹と闘いながら書いてます。

 

ここまで空腹が続くと、ぼーっとしてきて自分を食べてしまおうかと思います。

この蛇のように。

f:id:shizunocyan:20190822213948j:plain

 

 

この蛇について写真を見た蛇研究家の見解は、

『自分の尾を他の蛇と勘違いして、自分の尾を食べてしまった間抜けな蛇。普通はすぐに気が付きここまで食べ進めることはない。』ということらしいが、正直大きなお世話である。

 

今の私にはこいつの気持ちがいたほどわかる。

きっとこいつは奥さんに逃げられ、失意の中自ら狩りをする気にもなれずに、

最後の手段として、空腹を紛らわすために自分の尾を食べたのである。

動物研究家だか蛇研究家だかなんだか知らないが写真を見ただけで判断されては困る。

 

なんでもそうだと思うが、見た目や常識だけで物事を考えるのはよくない。

見た目も常識も大切なことだが、そこばかりに目を向けてしまうと、物事の本質を見誤ってしまう。

 

何が言いたいかというと、とにかく空腹で死にそうなんので、

指の薄皮でも食べて飢えをしのごうって話。