ふぁっきんえくすとりーむでいず

掟1,書きたいことを書く。掟2,1年は続ける。以上

栃木県のいいところ全部教えたい

どうも。

 

都道府県魅力度ランキングで栃木県が44位なのがどうしても気に食わないあおです。

ランキングをよくみると、16位の千葉県あたりからおかしい。

22位の富山、26位の岩手、27位の福島、29位の三重・・・・

上げればきりがないですが、全部栃木県より下なはずです。

栃木県には日光や那須といった日本の歴史からみて極めて重要な場所を保有しています。

また、県庁所在地の宇都宮は人口50万人を超えており政令指定都市を除けば、

日本で6番目に人口が集まっている都市で、日本一餃子を消費している市としてあまりにも有名です。

上記の通り栃木県は魅力の塊であり、44位という不名誉な順位はとてもじゃないが、

納得のいくものではございません。

あまりにも腹が立つので、どのように順位を決めているのか、調べてみました。

 

1,魅力度ランキングを作っているところ

 

まずはこんな事実無根で荒唐無稽なランキングを発信している、

諸悪の根源は株式会社ブランド総合研究所というところでした。

 

2,調査方法

 

約3万人によるアンケートを実施、1つの地域から約600人選ばれ、

男女別世代別で日本の人口分布に近い形で再集計されて測定するとのこと。

アンケートの中身は【外からの評価(84項目)】【内からの評価(26項目)】に分けられ、認知度、魅力度、居住意欲度、愛着度、自慢度などがあり、

それらを数値化して、順位に反映させるという調査方法。

 

この調査方法だと一度下の方の順位になると、そのイメージがついてしまい、

いつまでたっても実際のポテンシャルとは反して評価が低いままとなってしまうような感じがします。風評被害みたいなものですよ。

でも栃木県はそんなものに負けません。

数年以内には、20位以内に十年以内には、一桁台に上がって見せますよ。

 

東京生まれ埼玉育ち栃木っ子あおでした。

 

以上